日蓮正宗 昭倫寺

立正安国論(r1.9)


(立正安国論 御書二四四頁一行目)

 客則ち和(やわ)らぎて曰く、経(きょう)を下し僧を謗ずること一人には論じ難し。然れども大乗経六百三十七部・二千八百八十三巻、並びに一切の諸仏菩薩及び諸(もろもろ)の世天等を以て、捨閉閣抛(しゃへいかくほう)の四字に載(の)す。其の詞(ことば)勿論(もちろん)なり、其の文顕然(けんねん)なり。此の瑕瑾(かきん)を守りて其の誹謗を成(な)せども、迷ふて言ふか、覚(さと)りて語るか。賢愚弁(わか)たず、是非定(さだ)め難し。但し災難の起こりは選択に因(よ)るの由、盛(さか)んに其の詞を増し、弥(いよいよ)其の旨を談ず。所詮(しょせん)天下泰平国土安穏(あんのん)は君臣の楽(ねが)ふ所、土民の思ふ所なり。夫(それ)国は法に依って昌(さか)え、法は人に因って貴し。国亡び人滅せば仏を誰か崇むべき、法を誰か信ずべきや。先づ国家を祈りて須(すべから)く仏法を立つべし。若し災を消し難を止むるの術有(あ)らば聞かんと欲す。


(通解)
客は則ち和らいで言った。
経を下し、僧を謗るということは、法然一人に限って論ずることはできない。
あなたもまた、浄土の経を下し、法然を謗っているではないか。
しかしながら、法然が大乗経典六百三十七部・二千八百八十三巻ならびに、一切の諸仏・菩薩及び諸々の世天等をもって、捨閉閣抛の四字に載せたという事実は、確かに、その言葉もはっきりしており、その文も明らかである。
あなたは、この小さな失を取り上げて誹謗を成しているわけだが、一体法然は、このようなことを迷って言ったのか或いは、覚って語ったのか、またあなたと法然のいずれが賢者でいずれが愚者なのか、いずれが非なのかは、自分には判別がつけられない。
ただし、あなたは国土に災難が起こる原因は法然の選択集にある、との由を盛んに述べて、いよいよ、その旨を強く論じている。
所詮、天下の泰平、国土の安穏は、君臣・万民の全てが念願しているところである。
およそ、国は法によって栄え、法は人によって貴ばれるのであるから、国が亡び、人々が滅してしまえば、仏を誰が崇め、法を信ずるべきか。
されば、まず国家の安泰を祈って、しかるに後に仏法を立てるべきであろう。
もし、災難を解決し、国を安泰にする方法があるならば、聞かせてもらいたいものである。